シミやシワ、たるみなどの年齢に伴う肌の衰えは、女性なら誰でも気になるものですよね。

昔に比べてハリがなくなった肌を見ると、気分がげんなりしてしまうという人も多いのでは。

一方で、「まだあまり加齢を実感していないけど、エイジングケアって早めにやった方がいいのかな……」と不安に思っている方もいると思います。

このページでは、誰もが気にするけど始め時が分からない「エイジングケア」について、いつから始めるかなどの基本的な情報をお伝えしていきます。

肌のエイジングが気になってきた人も、まだ気になっていない人も、ぜひ読んでみてください。

エイジングケアとはどういうケアのこと?

スキンケア

まず大事なところからお伝えしますが、エイジングケアというのは若返りを目指すケアではなく、年齢に応じたケアのことを指しています。

年齢に応じて適したケアをすることによって、潤いのある健やかな状態に肌を保つことを目的としているのです。

ちょっと言葉狩りっぽいですが、アンチエイジングという言葉が使われなくなったのもこのあたりが関係しています。年齢に対抗するというニュアンスになるため、薬機法的にアウトになるのです。

医薬品でない化粧品に若返りの力はありませんが、適したケアを行えば肌は元気になります。これまで不適切なケアを行ってしまっていた人であれば、年齢に応じたケアをすることで以前よりも潤いを感じる肌になることもあるでしょう。

肌に潤いを与えて元気な状態を保つために、エイジングケアを行うのが良いということです。

具体的に行うべきケアの内容は?

狭義で言うところのエイジングケアというのは、「エイジングケア化粧品」を使用したケアのことを指します。

しかし、「年齢に応じたケアを行う」「老化サインの出現を遅らせる」というような目的で考えると、広義では以下のようなものもエイジングに対応するケアとして含めても良いのではないかと思います。

  • 紫外線対策
  • 保湿対策
  • 洗顔・クレンジング方法の見直し
  • 生活習慣や食生活の見直し

特に紫外線はシミやシワの原因になるので、対策せずに浴び続けることはエイジングサインの出現に直結します。

エイジングケアを行おうと思っている人は、単純にエイジングケア化粧品を使用するだけでなく、こうした要素にも気を配っていきたいところですね。

エイジングケアはいつから始めるべき?

肌の悩み

さて、冒頭の疑問「エイジングケアっていつから始めるべき?」ですが、これに対する回答としては「意識したらその時点で始めた方が良い」というものになります。

「エイジングケア化粧品はいつから使い始めた方が良い?」という問いであれば、目安として30歳くらいを始め時と考えておくと良いでしょう。有名なドモホルンリンクルも「30歳になったらドモホルンリンクル」というCMをやっていますよね。

しかし、前述の通りエイジングサイン発生に関わる紫外線などの要素は、年齢に関係なく肌に影響を与えてきます。肌の老化を遅らせるためには、できる限り早い段階からUVケアなどを行った方が良いのは言うまでもありません。

20代で「まだエイジングケア化粧品を使うには早いかな?」と思っている人でも、今からできるケアとしてUVケアをしっかり行ったり、生活習慣の見直しを行ったりしてみると良いでしょう。

エイジングケア化粧品はどういうもの?

エイジングケア化粧品で多いのは、肌に潤いを与える成分を多く含んでいたり、肌のターンオーバーを正常化する成分を含んでいたりするものです。抗酸化成分が入っているものもよく見ますね。

当サイトで紹介しているルーナスも、ターンオーバーを正常化するために馬プラセンタを含んでいます。「プラケアEQゲルクリーム」なら抗酸化成分であるシアバターも入っていますね。

参考:敏感肌やエイジングケアにはルーナスが良いって本当?成分と効果、口コミをチェック!

参考:ルーナスに含まれるプラセンタって何?どんな効果があるの?

ルーナスは敏感肌の人でもエイジングケアができる基礎化粧品です。肌に優しい点と、馬プラセンタという他ではあまり見られない成分を含んでいる点で、多くの人に人気の化粧品になっています。

渋谷ロフトで売上1位を記録したこともある商品なので、試してみる価値は非常に高いですよ。

エイジングケアの具体的な手順

化粧水

では、ここまでの内容をまとめて具体的なエイジングケアの手順を紹介します。

  1. 生活習慣と食生活を整える
  2. 日々の生活で紫外線を避ける
  3. 適切な洗顔とクレンジングを行う
  4. 適切な化粧品でスキンケアを行う

それぞれ詳しく説明していきます。

生活習慣と食生活を整える

肌の健康を保つために必要な栄養を摂っていなかったり、睡眠が不十分だったりすると、肌のコンディションはどんどん悪くなっていきます。

疲れた顔になってしまわないためにも、まずは大前提として生活習慣と食生活を整えるようにしましょう。

睡眠はできれば8時間確保し、夜10時から深夜2時のゴールデンタイムは就寝できているとベストです。

食生活では、皮膚や粘膜の健康維持の役に立つビタミン類や、タンパク質をしっかり摂取するようにしてください。美肌に良いと言われているコラーゲンもタンパク質の一種です。

日々の生活で紫外線を避ける

シミやシワ、肌の乾燥の原因になる紫外線は、できる限り避けるようにしてください。日焼け止めを普段から使用し、レジャーなどで日差しをたくさん浴びる日は強力なUVカットのものを使うようにしましょう。

日焼け止めを使う際は、持ち歩いてこまめに塗り直すことが大切です。

曇りの日や室内でも紫外線は降り注いできますので、気を抜かないようにすれば紫外線による肌状態悪化のリスクを減らすことができます。

適切な洗顔とクレンジングを行う

洗顔やクレンジングの際に力を入れすぎてしまうと、シワやたるみの原因になってしまいます。物理的にエイジングサインを生み出してしまうことになるので、ゴシゴシ洗いをしないよう注意が必要です。

優しくいたわるような力加減で、肌の潤いを守りながら洗うようにしましょう。手は上下ではなく、球体を洗うように横に動かして洗うのがコツです。

ちなみに、ルーナスではエイジングケア成分を含んだ洗顔ソープとクレンジングのセットを用意しています。下記のページで詳しく紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

参考:敏感肌の人向けのエイジング洗顔!ルーナスのプラケアEQ洗顔とは?

適切な化粧品でスキンケアを行う

エイジングケア用に作られた化粧品は、前述のようにターンオーバーを正常化したり抗酸化成分を含んでいたりと、エイジングサインの出現を遅らせるような処方になっています。

他の化粧品でも保湿はできることが多いですが、やはりエイジングケアをするならエイジングケア用の化粧品を使用してスキンケアを行うのが一番です。

化粧水やクリームの使い方は化粧品によって最適なものが違いますが、やはりゴシゴシと手を動かすのは良くありません。各化粧品に記載の量を使用して、丁寧に毛穴に入れ込むようになじませると良いでしょう。

ルーナスの場合、使い方の動画があるのでそちらを参考にするのがおすすめです。下記ページに載せています。

参考:敏感肌やエイジングケアにはルーナスが良いって本当?成分と効果、口コミをチェック!

前述の通りルーナスは敏感肌でも使えるエイジングケア化粧品なので、肌に刺激をあまり与えたくない人にはほとんど無条件でおすすめできる商品です。

まとめ

エイジングケアは若返りの魔法ではなく、年齢に応じたケアをすることで元気な状態の肌を保っていこうとするお手入れのことです。

意識的にエイジングケアを行っていけば、同年代の人よりも潤いのある元気な肌を持ち続けることも不可能ではないでしょう。

このページで紹介した内容を参考にして、潤いのある肌をキープしていってください。