ルーナスには敏感肌ケア、エイジングケア成分として馬プラセンタが配合されています。ただのプラセンタなら聞いたことがあっても、馬プラセンタとなると聞きなれないという方も少なくないのではないでしょうか。

このページでは、まず基礎的な知識としてプラセンタの解説を行い、ルーナスに含まれる馬プラセンタについても詳しく紹介していきます。

そもそもプラセンタとは?

プラセンタ(Placenta)とは英語で胎盤を指す言葉です。胎盤と言えば、妊娠によって形成される、胎児の成長に関わる臓器ですね。

胎盤は胎児が母体から栄養を受け取るための働きをするだけでなく、呼吸や代謝のための機能も持っていて、胎児の成長を支えていくためには非常に重要な臓器とされています。

人間だけでなく、他の哺乳類(有胎盤類)にも胎盤があり、出産後に自分の胎盤を食べる動物もいます。これは身体に良い成分が胎盤には豊富に含まれているからであり、動物たちは胎盤を食べることで出産後の体力回復に役立てていると言われていますね。

そして、美容業界においては、そうしたプラセンタの成分を美容のために役立てようとして、様々な化粧品がこのプラセンタを配合しています。

肌に必要とされているアミノ酸やビタミン、ミネラルに加え、肌を活性化する成長因子(グロースファクター)と呼ばれるものも入っているプラセンタは、肌ケアにおいてとても心強い成分なのです。

プラセンタの効果

一般的なプラセンタの効果として期待されるものは「エイジングケア効果」「美肌効果」などです。下記に詳細を記載していますが、商品や後述のプラセンタの種類によって期待できる効果は変わる場合がありますので、参考程度に留めておいていただければ幸いです。

エイジングケア

プラセンタには抗酸化作用があり、これによって活性酸素を取り除くことができます。活性酸素は本来肌を守る役割を持つものですが、紫外線等の影響で増えすぎてしまうと、逆に細胞を酸化させてシミやシワなどの老化を引き起こしてしまいます。

プラセンタの抗酸化作用で増えすぎた活性酸素を取り除くことは、こうした肌の老化を防ぐことに繋がるのです。

美肌

健康で美しい肌を保つには、肌のターンオーバーが正常に行われていることが大切ですが、プラセンタにはこのターンオーバーの働きを正常に保つ作用があります。

というのも、プラセンタに含まれているアミノ酸や成長因子といった成分には、肌の新陳代謝を促進する働きがあると言われているからです。

生活習慣が乱れたり、年齢を重ねたりするとターンオーバーは乱れがちになり、古い角質が残ったままになるので、シミやシワの現れやすい肌状態になってしまいます。それを防ぎつつ健康な肌でいるために、プラセンタでターンオーバーを整えることは大切だと言えるでしょう。

さらに、プラセンタに含まれているアミノ酸は天然保湿因子(NMF)の主成分なので、これを補うことで肌の保湿力が高まることも期待されます。

プラセンタの種類

そんなプラセンタですが、どの動物由来のプラセンタかによって、特徴が異なっています。

  • 豚プラセンタ
  • 羊プラセンタ
  • 馬プラセンタ

豚プラセンタは流通量が多く、安価であることが特徴です。プラセンタを比較する際には、この豚プラセンタを基準に考えて問題ないでしょう。安価だから成分が劣っているということはありませんが、処理過程でいくらかの成分が失われてしまう場合はあるようです。

羊プラセンタは日本国内での流通量が少ないため、あまりお目にかかれないと思います。アミノ酸の組成が人間のものと近く、肌になじみやすいとされている上、病気になりにくい点から安全性も比較的高いという評価がされている点が特徴です。

馬プラセンタは一般的に豚プラセンタよりもアミノ酸を多く含んでいます。安全性も高いのですが、豚よりも出産頻度が少ないために胎盤の入手量も少なく、高価になる傾向があるようです。

実はヒト由来のプラセンタもありますが、こちらは医薬品のカテゴリに入るため、化粧品やサプリメントに配合されることはありません。

また、植物性プラセンタというものもあるのですが、こちらはプラセンタの特徴の一つである成長因子を含まないため、動物由来のプラセンタに比べると効果の期待値が下がります。

ルーナスに含まれている馬プラセンタ

複数種類あるプラセンタの内、ルーナスでは馬プラセンタを使用しています。こちらは前述の通り高価なプラセンタですが、その分安全性も高いので安心して使用できます。

この馬プラセンタは、中央アジアの山脈地帯(キルギス)で自然放牧されている馬から採取したものが使用されています。混血種の馬の出産時に胎盤を回収し、食品としての厳格な基準をクリアしたものだけが日本に輸入され、酵素分解法という技術でプラセンタのエッセンスが取り出されているのです。

酵素分解法とはプラセンタ原液を抽出する過程で、不要な部分を取り除く必要があるのですが、その際に大事な栄養素が失われてしまっては本末転倒ですよね。熱を使った処理を行うと有効成分までもが破壊されてしまうため、熱を使わない方法として編み出されたのが酵素分解法です。この方法では、余分な成分を酵素の力で分解していくことによって、必要な成分を最大限残し、高濃度かつ高品質のプラセンタ原液を抽出しているのです。

一般的に流通している化粧品は、安価とされる豚プラセンタを使用していることが多いのですが、ルーナスは20年以上の研究の末に辿り着いたこのキルギスの馬プラセンタにこだわっています。プラセンタに対する情熱が感じられる化粧品と言えますね。

馬プラセンタが含まれるルーナスの使用感は?

プラセンタと聞くと、「重たい使用感なのでは?」「独特の臭みがあるのでは?」と心配する人もいるかと思います。ですが、ルーナスはサラッとした使用感で、独特の臭みもほとんどないという口コミが少なくないので、基本的には安心して問題ないでしょう。

使用感やにおいに関する口コミを少し紹介します。

30代 プラケアEQウォーター
そろそろ肌の老化が気になってきたので、評判の良さそうだったルーナスを使ってみることにしました。プラセンタ配合と聞くと、トロッとしていて肌が呼吸できないような感覚を想像していたんですが、思ったよりもサラサラしていて、使い心地は悪くないです。それでいて肌がしっとりとしたような感覚があるので、かなり気に入ってます。
40代 プラケアEQゲルクリーム
プラセンタはにおいがするから苦手という友達がいて、せっかく買っても満足に使えないと嫌なので私も敬遠していましたが、このプラケアEQゲルクリームは全然気になりませんでした。

不安な場合でも、ルーナスは単品購入ができますし、セット定期便で申し込んでも1回から解約が可能なので、お試し感覚で購入してみることが可能です。

なお、セット定期便の場合は、90日間の返金保証も付いています。

まとめ

胎盤から抽出されるプラセンタには、健康や美容に良いとされる成分が豊富に含まれていて、化粧品やサプリなど様々なところで使用されています。化粧品で使用される場合は、肌のターンオーバーを促進したり、抗酸化作用によって活性酸素を取り除いたりすることによる、エイジングケア効果や美肌効果が期待されます。

化粧品には一般的に豚プラセンタが使用されることが多いのですが、ルーナスではキルギスの馬プラセンタを使用していて、酵素分解法で処理を行うことで高濃度と高品質を実現しています。

使用感に関する満足度も高めなので、特に敏感肌ケアやエイジングケアを行いたい方は、馬プラセンタの力に興味があれば、試してみてはいかがでしょうか。

≫ルーナス公式サイトはこちら